森谷式翻訳術は稼げる翻訳家になる近道!産業翻訳のポイントを効率よく学習できる!

今、右肩上がりで成長中の翻訳業界
コロナの影響で打撃を受けている業界が多いなか、どうして翻訳業界は成長し続けているのでしょうか。

それは、巣ごもり需要やインターネットサービスによる動画配信が多くなっていたり、
企業やエンターテインメントなどの海外進出により、翻訳する機会や必要性があるためです。
国や地方で言葉が違うため、正しい情報や意図を伝えるため翻訳が使われます。

様々なジャンルで翻訳は使われますが、『翻訳』といえばどんなイメージがありますか?
映画の字幕、書籍の翻訳、海外ニュースの翻訳、会社間の契約書など、多岐にわたります。

翻訳ジャンルを大きく分けると以下のようになります。

映像・字幕翻訳(海外映画や映像の翻訳)
文芸・出版翻訳(海外書籍の翻訳)
産業・実務翻訳(海外商品のマニュアルや企業サイトの翻訳)

そして翻訳ジャンルの中でも難易度は変わってきます。
この中で初心者に最もおすすめしたい翻訳ジャンルが産業翻訳(実務翻訳)です。

産業翻訳とは、
ビジネスの現場で必要とされる翻訳業務全般の翻訳で、
企業のホームページやマニュアル、製品やサービスの取り扱い説明書などの翻訳をする仕事です。

そして産業翻訳の中にも幅広い分野があります。
例としては、
エンタメ、IT、機械、家電、自動車、医療、医薬品、観光など様々です。

幅広いため、自分に合った好きな得意分野で学習に取り組めば挫折もしにくく理解も早くなります。
好きこそ物の上手なれという言葉があるように、上達も早いというわけですね。

では、どうしたら産業翻訳の勉強ができるのか。
それは産業翻訳に特化したカリキュラムがある森谷式翻訳術がおすすめです。

森谷式翻訳術の講師でもある森谷祐二先生の得意なジャンルが産業翻訳なのです。
森谷先生は翻訳者デビュー後3ヶ月で月収100万円を達成し年収も1000万円と実力のある翻訳者です。

実力のある講師から翻訳技術を学ぶことで、翻訳家としての第一歩が踏み出せるでしょう。

森谷式翻訳術で稼げるようになるためのポイント

翻訳を学ぶうえで必要なポイントがあります。
このポイントをおさえ森谷式翻訳術を学習して、プロの翻訳家デビューへの道を開きましょう。

①翻訳を正確に行うために必要な英語力

これはもちろんそうですが、翻訳をするために英文を読む必要があります。

「それならば高い英語力が必要になってくるのでは?」と思った方も多いと思います。
しかし、高い英語力が必ず必要というのは大きな誤解で、

英語力=翻訳力ではないのです。

海外に住んでいた経験や留学経験、帰国子女といった英語が達者な方でも翻訳ができるというわけではありません。
また、TOEICの得点はリスニングなども含まれているので参考になりづらいのです。
読み書きや英文を解釈する力のほうが重要になってくるからです。

翻訳をするためには、
ある程度の英語力+翻訳スキルが必要になってきます。

翻訳スキルをしっかり学習することで翻訳が可能になります。

ただ、英語力がなくても翻訳はできません。
英語を扱う仕事なので、英語力が全くなければ仕事になりません。
翻訳をするうえで、最低限の文法知識や構文知識といった英文解釈力が非常に大事になってきます。

森谷式翻訳術では、翻訳講義の中で英文解釈についての説明も随所に盛り込んでいるため、
翻訳を学ぶなかで自然と英語力も同時についていくカリキュラムになっています。

英語力に多少不安のある方でも安心して学習に取り組むことができるようになっているのです。

②翻訳するうえで必須の翻訳スキルの習得

翻訳をするうえで必要になってくるスキルは、

・検索&リサーチ力
・日本語力
・ITスキル

の3つが必要になってきます。
それぞれについてみていきましょう。

まず検索&リサーチ力ですが、言葉的に2つは似ていますが意味合いが違います。
どういうことかを表すと以下になります。

検索力 → 翻訳する際に必要な情報を集める力
リサーチ力 → 集めた情報を分析し正しい訳文に導く力

インターネットやオンライン辞書などで必要な情報を集め分析し、正しい訳文に導くことが重要なので、
この2つの力が必要になるので、その力を養っていくことが大切です。

次に日本語力ですが、
これはきれいで読みやすい自然な日本語に翻訳するための力です。
せっかく訳文を作成しても、ぐちゃぐちゃだったり精度が悪い翻訳機を使ったような読みづらいものではいけません。

森谷式翻訳術では、いくつかのポイントを意識するだけで自然できれいな日本語に訳せる方法を学習できます。

そしてITスキルです。
ITスキルといっても。プログラミングや画像・動画編集といった高度なスキルではなく、
翻訳ツールの使い方や辞書の設定の仕方や使い方などの、
翻訳をするための翻訳支援ツールを使う基本的なパソコンのスキルのことです。

一般的に使うワードやエクセルからもう一歩踏み込むようなイメージですね。

森谷式翻訳術は、パソコン関係のサポートから翻訳ツールの使い方の解説まで丁寧に行っていますで、
パソコン初心者の方でも心配無用です。

さらに翻訳スキルの習得については、現役で年収1000万円を超えるトップレベルの翻訳家が、
どういうプロセスで翻訳をしているかを公開しているので、そのプロセスをマネて学習していくことにより、
翻訳スキルの向上が目指せるカリキュラム
があります。

従来の翻訳スクールには無かった、こういった翻訳に必要なスキルの学習とサポートがあるので、
プロの翻訳家デビューがしやすい
ということですね。

③取り組みやすく、稼ぎやすい翻訳ジャンルの選択と得意分野の選択

こちらは上記で既に述べていますが、産業翻訳のジャンルです。
その中で自分の好きな得意分野を選ぶと良いということでした。

しかし、得意分野がわからない...という方もいると思います。

そんな方に試してほしいのが以下のものです。

・深く考え込まずにこれまでの自分の人生で経験してきたことや趣味、職種など思いついたものをリストアップする。
・リストアップしたときに思い出したものや感情をコメントとして書き加えていく

というものです。
そうすると、「あの時すごく楽しかったな」「あの仕事は嫌だったな」ということが整理されてくるので、
自分の好きなものや嫌いなもの、興味があること、得意不得意が見える化されてくると思います。

好きな分野を決める手助けになるのではないでしょうか。

また、森谷式翻訳術でも相談サポートがあるので、いろいろやってもわからないという方は相談してみてはいかがでしょうか。

森谷式翻訳術での学習とサポートで稼げるプロ翻訳家を目指せる

今注目されている「翻訳」という職業。

・時間と場所に縛られることがないので自由に仕事ができる
・短期で終わらず、長期的に稼ぐことができる
・仕事の裁量を自分で調節できるので休日も自由に取れる

このようなメリットがある翻訳は、今の働き方のニーズに合った職業と言えると思います。

翻訳業界は売り上げを伸ばしていますが、翻訳の需要が急増しているのに対して翻訳者の数が圧倒的に足りていないので、
翻訳はまさに穴場の職業
なのです。

「AIが発達してきているし翻訳の仕事もAIに取られてしまうのでは?」
そう心配になる方もいらっしゃると思いますが、AIの翻訳機能は人間の翻訳に比べるとクオリティが落ちます。
特に小説や映画など人の感情に働きかけるものはまだまだ機械翻訳では困難です。

翻訳業界は今まさに勢いがあり、参入すれば成功しやすい職業だといえるのではないでしょうか。

森谷式翻訳術での学習とサポートであなたもプロの翻訳家を目指してみませんか?

おすすめの記事