合格率5%の壁を突破!翻訳家になるためのサポートが手厚い森谷式翻訳術

「英語が好きだから翻訳家になりたいけどどうすればいいかわからない...」

「翻訳家になるために翻訳会社の書類審査が通らなくて悩んでいる...」

「せっかく書類審査が通ったのにその後のトライアル試験が全然ダメで自信を無くしてしまった...」

という方も多いのではないでしょうか。
書類審査で落ちる人も多い中、その後のトライアル試験の合格率はなんと約5%しかないといいます。
この数字を見て「自信がないし不安を感じる」「本当に自分が合格できるのだろうか」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、トランスクリエーションという技術を習える森谷式翻訳術では、そういった悩みを解決してくれるのです。

森谷式翻訳術では試験合格に向けてどういったサポートをしてくれるのか、
また試験合格後の流れとあわせてみていきたいと思います。

翻訳家になるための試験の流れと森谷式翻訳術でのサポート

まず、翻訳家にどうすればなれるのか、翻訳会社の試験の流れを確認していきたいと思います。

翻訳家としてデビューするまでの流れ

①翻訳会社へ履歴書(CV)を送る。
 ※翻訳会社によっては履歴書を必要としない場合もあります。
        
②書類審査(履歴書)に合格すると、翻訳会社からトライアル試験が送られてくるので試験を受ける。
        
③トライアル試験に合格すると、翻訳会社から仕事が依頼されるようになる。
 ※トライアル試験の出来に応じて、仕事の依頼内容や頻度が変わってくるので、
  仕事が安定的に取れるようになるまで、実力をつけることが大事になってきます。

主に上記の流れになると思います。
ではそれぞれの流れで森谷式翻訳術ではどういったサポートがあるのか併せて見ていきましょう。

森谷式翻訳術では履歴書(CV)を書く際の講義や添削をしてもらえる

先程の①のCVというものですが、業界での欧米スタイルの履歴書のことでアメリカなどではレジュメと呼ばれたりします。

よくある一般的な履歴書とは大きく異なり、翻訳会社に送る履歴書は記入する内容やアピールポイントが変わってきます。

何をアピールすればいいかよくわからない状態で書けば、やはり書類審査に通ることは難しいですし、
そもそもこの書類審査を通らなければその先のトライアル試験を受けることもできません
ここで落ちる人もいるため、大事な試験です。

従来のスクールでは履歴書の添削がなかったり、履歴書を書く際のポイントを教えてもらえなかったりという場合がありました。
次のトライアル試験を受けるためには重要な試験ですから、やはり注意点などを教えてもらいたいですよね。

森谷式翻訳術では、この履歴書を書く際の構成や注意点、アピールポイントなどを講義で教えてもらえますし、
そのうえ添削もしてもらうことができる
のです。

例えば、
・英語ができれば翻訳ができるものだと思い込み、英語力ばかりをアピールしすぎてしまう注意点
・翻訳が未経験の場合の履歴書の書き方
・構成や自己PRでどう伝えるか
・翻訳環境など会社側にメリットになる情報の書き方

などの細かいアドバイスをもらえるので、
採用されれば翻訳会社側へどのようなメリットがあるかをきちんと伝えられるようになります。
書類審査への対策がバッチリでき、万全を期して履歴書を送ることができるのです。

森谷式翻訳術でトライアル試験への対策もバッチリ

書類審査が通れば次のトライアル試験ということになります。

合格率約5%の狭き門ですから、しっかりと対策を練りプロの翻訳家デビューへの道に繋げていきたいですよね。

このトライアル試験というのは、翻訳会社が独自に用意した応募者の実力を試す翻訳テストになります。
各会社独自のものになるので個性がありオリジナリティーが溢れています。
そのため大学入学共通テストのような共通の問題試験とは異なり、各々で対策がしづらいものとなっていました。

ですが、森谷式翻訳術森谷式翻訳術で試験を合格するためのポイントやコツを掴むことができれば、
合格率は飛躍的に上がるようになっています。
普通の受験とは違いますので、楽しみながら仕事ができるためのトレーニングができるのです。

「試験」と聞くとどうしても緊張したり、実際の実力が出せなかったりということがあると思いますが、
勉強していく過程で、自分では気付かなかった訳文の悪いクセや間違いを添削や分析してもらうことにより、
楽しみながらやることでガチガチにならす、柔軟な状態で試験に臨むことができます

こちらのトライアル試験も講義でコツを教わりながら、自分と相性の良い翻訳会社を選んでいくことになります。
自分にはどういった翻訳会社が合っているかわからない場合でも、
相談ができる万全のサポート体制があるので安心して取り組むことができます。

また、トライアル試験はメールや紙などでやり取りをする場合が多いですが、
ただ原文を翻訳すればいいというわけではありません。

もちろん、翻訳のクオリティーは重要です。
しかし翻訳会社から見ると、仕事を依頼するうえで一緒に仕事をしたいと思うかどうかもポイントとなってきます。
やり取りをしているなかで例えば、

・マナーや言葉遣いが悪い
・作法が良くなく悪印象を抱いた
・やり取りの反応がいまいちだった

などマイナスな印象があれば、不合格になる可能性もあるのです。
やはり人と人とのやり取りですから、気持ちよく仕事を一緒にできる関係性を築けるかどうかも見られているということですね。

森谷式翻訳術の充実した細やかなサポートが、
こういったあらゆる面の対策になり、成果に結びつくことになるわけですね。

トライアル試験合格後、ついにプロ翻訳家デビュー

トライアル試験に合格すれば、いよいよ晴れてプロの翻訳家としてデビューです。

場所や時間を選ばず仕事ができ、憧れのライフスタイルを確立まで目前ですね。
海外や温泉地を満喫しながら仕事をするノマドワーカーなど自由に選ぶこともできるようになります。

しかし、ここで慢心しないように注意が必要です。
実際に仕事を依頼された場合、始めの1~2件が特にとても重要になってくるからです。

始めの頃の案件ではまだ信頼関係を構築しきれていない場合も多いため、
どのくらいの案件を任せられるかを探っていることがあります。
なので今後の指標になると思ったうえで、丁寧な仕事とやり取りを心掛けることがその後の仕事に繋っていくでしょう。

森谷式翻訳術で一流のプロ翻訳家を目指す

ここまで翻訳家になるための試験の流れをみてきました。
細やかで充実したサポート体制が整っているため、これまでとは比べられないほど合格率が上がることと思います。

それでは翻訳家になるための3つのステップをおさらいしたいと思います。

①翻訳で稼ぐための最低限の英語力と翻訳スキルを習得する

②森谷式翻訳術ならではの翻訳テクニックを習得する

③翻訳会社の書類選考と翻訳試験を攻略する

当たり前のことですが、英語力が全く無ければ翻訳家になることはできません。
森谷式翻訳術であれば、英語力の底上げと翻訳スキルの学習が同時にできるのです。

さらに、森谷式翻訳術のトランスクリエーションを身につけることで、
一般的な翻訳よりも高収入に繋がり、翻訳会社からも重宝される存在になれるのです。

そして今回詳しくみてきた翻訳会社の試験への対策とサポートにより、
業界トップレベルのプロ翻訳家を目指すことが可能です。

現状を良い方向へ導くのはあなたの行動から始まります。
可能性や仕事の幅を広げるためにも、森谷式翻訳術でのトランスクリエーションを学び自由な未来を掴み取りませんか?

おすすめの記事