トランスクリエーションを習得できる森谷式翻訳術とは?

森谷式翻訳術をご存知でしょうか?
このブログを読んでいるあなたは少なからず翻訳に興味があることと思います。

森谷式翻訳術とは翻訳者として年収1000万円を稼ぐ実力派である森谷祐二先生が監修した業界・最短最速で翻訳に必要な英語スキルと翻訳スキルを身につけることが出来るカリキュラムです。

この記事では、森谷式翻訳術の詳しい内容ついてご紹介していきたいと思います。

「コロナで失業してしまった」

「収入が不安定なので自分の英語力をいかした副業をしたい」

「自分の好きな時間に好きな場所で仕事をして自由なライフスタイルを手にいれたい」

そんなふうに思う方はこのご時世少なくはないのではないでしょうか?
そのような方にも参考にしてもらえればと思います。

コロナ禍でも需要を伸ばしている翻訳業界

新型コロナウイルスの感染拡大前と世界は一変し、今や大企業に勤めていても生涯安心とは言えない世の中となりました。
このままではいけない…
そんな風になんとなく不安を感じている方も多いかと思います。
そんな中確実なのは将来も継続して自分で稼げるスキルを身に着けることです。

そこで今注目されているのが「翻訳」という職業です。

    • 時間と場所を選ぶことなく取り組める
    • 短期で終わってしまうことなく、長期的に稼ぐことができる
    • 仕事の裁量を自分で調節できる

このようなメリットがある翻訳は時代のニーズに合った職業と言えますね。

さらにコロナ禍でエンタメ業界が苦境に立たされる中、ネットフリックスとそれを支える翻訳業界は売り上げを伸ばしています。

ですが翻訳の需要が急増しているのに対して、翻訳者の数が圧倒的に足りていません。
翻訳はまさに穴場の職業なのです。

「AIが発達してきて翻訳の仕事はなくなるのでは?」
そう心配になる方もいるでしょう。
確かに昨今は自動翻訳ツールやアプリが世に溢れています。

ですがAIの翻訳機能は人間の翻訳に比べるとクオリティが落ちます。
特に小説や映画など人の感情に働きかけるものは機械翻訳では困難です。
AIの翻訳はこれから10年〜20年は人間に追いつけないと言われています。

翻訳業界は今まさに時流に乗っていて、参入すれば間違いなく成功しやすい職業だと言えるでしょう。

トランスクリエーションを学べる「森谷式翻訳術」とは

森谷式翻訳術

翻訳のニーズについて簡単にご紹介しました。
それではここからは森谷式翻訳術について詳しく見ていきたいと思います。

森谷式翻訳術と聞くと、「翻訳について学ぶもの」ということは何となく想像がつきますね。
森谷式翻訳術は「
最短最速で翻訳に必要な英語力と翻訳スキル同時習得し稼げる翻訳者デビューを果たせる」と謳っています。
かなり強気でにわかには信じられないですよね(笑)

「翻訳なんて一朝一夕にできるものじゃない」

「そんな簡単にできるならみんなやってる」

そんなふうに思う方も多いかと思います。

ですが森谷式翻訳術がそう掲げるのには根拠があります。

その根拠とはトランスクリエーションを学べるということです。

トランスクリエーションとは?

「トランスクリエーション(transcreation)」とは、「翻訳(translation)」と「創造(creation)」を組み合わせた造語です。
英語圏では、「クリエイティブを他の言語や文化にマッチングさせること」と定義されています。
簡単に言えば、正確な翻訳に「意訳」を加え、訳語に訴求力を持たせる試みです。

翻訳で重要視されるのは、情報を正確に伝えることです。
ですがトランスクリエーションでは、語意との大きな違いが生まれないことを条件に訴求力やインパクトが求められます。

例えば日本語で「事業内容」という言葉を正確さを大切に「翻訳」すると、
「Description of business」が候補です。
一方トランスクリエーションを実施する場合、「Services」が頻繁に使われます。
比較すると、「Services」のほうがダイレクトな訴求力を有していると思いませんか?

同じように、「従業員紹介」を「Our Team」と訳す例がトランスクリエーションでは一般的です。

トランスクリエーションは、どのような業界でも用いられているわけではありません。
技術・医療・法律・特許など、正確さが求められる場面では、原文をそのまま訳す翻訳が用いられています。
トランスクリエーションはとりわけマーケティングの分野で重要視されています。
企業のウェブサイトやSNS、カタログ・パンフレット等を海外の顧客に向けて外国語に訳す場合、単なる翻訳ではなく、訴求力のあるコピーやテキストになるように意味を考えながら翻訳しなければなりません。
訴求力が高く、より印象に残る言葉選びが大切なのです。

 

業界トップレベルの翻訳者デビューを果たす3つのステップ

翻訳家になるためのステップは次の3つです。

①翻訳で稼ぐための最低限の英語力と翻訳スキルを習得する

②森谷式翻訳術ならではの翻訳テクニックを習得する

③翻訳会社の書類選考と翻訳試験を攻略する

英語力が全くないとなると翻訳家になることはできません。
森谷式翻訳術では英語力が足りない人が翻訳で稼ぐための最低限の英語力と翻訳スキルを同時に学ぶことができます。

そして②の「森谷式翻訳術ならではの翻訳テクニック」
それこそが先ほどご紹介しましたトランスクリエーションです。
森谷式翻訳術でトランスクリエーションを学ぶことが翻訳家デビューへの最短ルートとも言えますね。

創造性を発揮できるトランスクリエーションはやりがいもあり、翻訳の作業が楽しいと感じられるのも魅力の一つです。

「自分にはクリエイティブなセンスはないから難しいかも…」

そう思う方もいるかもしれません。
ですが、トランスクリエーションは技術であり天性の才能等ではありません。
森谷祐二先生がこれまで培ってきたプロセスを学べば、未経験の人でも習得することが可能なのです。

 

トランスクリエーションを学ぶメリットとは?

それではここでトランスクリエーションを学ぶメリットについても触れておきたいと思います。

①普通の翻訳より技術を要するため報酬が高い

②一度スキルを習得すると継続して仕事の依頼を受けることができる

③クリエイティブ要素が入るので仕事にやりがいがあり、楽しみながら翻訳できる

④機械翻訳ではできないため需要が高まり仕事に困ることがなくなる

⑤現状できる人が少ないので翻訳会社から重宝され長期的に稼ぐことができる

⑦仕事の幅が広がる

クリエイティブ要素のあるトランスクリエーションを習得した翻訳者の需要はますます高まると言われています。
先にも述べましたがまだまだAI翻訳では意訳は困難です。
だからこそトランスクリエーションを習得した翻訳家は、長く仕事を続けていけると言えるでしょう。

森谷式翻訳術でトランスクリエーションを学ぶとまさに引く手数多の翻訳者になることが可能なのです。

森谷式翻訳術まとめ

今回は森谷式翻訳術についてご紹介しました。

その最大の強みは「トランスクリエーション」を学ぶことができるというものでした。

また翻訳者として稼ぐためには、当然ながら英語力は必要です。
その
英語力を底上げしつつ、稼げる翻訳スキルを同時に学べるというのが森谷式翻訳術のすごいところだと思います。
英語力を活かした仕事がしたい人、今後の人生や老後に不安のある人、働き方を変えて自由なライフスタイルを確立したい人は森谷式翻訳術でスキルを身につけ、実りある人生への第一歩を踏み出してみませんか?

おすすめの記事